斎場の選択

葬儀

道路事情を考慮

少子高齢化の影響で年間の死亡者の数が誕生する数を上回るようになっています。世田谷区内には火葬場がないので葬儀をする場合には考慮をする必要があります。葬儀にかかる費用は非常に幅がありますので事前に内容を確認する必要があります。世田谷区で行う場合には火葬場への距離が一般の場合と異なりますのでこの部分については割高になることが想定されます。特に世田谷区は道幅が狭く、一方交通も多いので事前に移動するコースを決めておく必要があります。葬儀会場から火葬場に同行する人数も重要な要素となります。大型のバスを手配することは難しいのが大きな理由となっています。いずれにしても世田谷区内の業者から事前に葬儀費用の見積もりを徴収して比較をする必要があります。最近は季節によって火葬場がたいへん混んでいることがあるので希望する時間帯を確保できないケースがありますので、葬儀時間を調整するケースが散見されています。特に友引の翌日や夏の暑さや冬の寒さが厳しい時には特に早めの手配が肝心です。こうした時には葬儀会場や火葬場ばかりではなく、聖職者の確保についても同様のことが生じることになります。葬儀の費用は祭壇や棺桶に選択次第となりますが、最近は家族葬が増加して比較的簡素に行われることが一般的になっておりますので、墓や戒名にお金をかけるケースが増加しています。一過性で終わってしまう費用を削減して残るものに費用を使用するということになります。